「住まいる共済(全労災)」の口コミ・評判を徹底解説

保険会社

「全労災ってなに?」
「住まいる共済のデメリットを知りたい!」

火災共済や火災保険のご加入を検討中で、このようなお悩みをお持ちの方はいませんか。

このブログでは「住まいる共済」のリアルな口コミ・評判から、住まいる共済のメリットデメリットを解説します。

保険契約者が陥りがちな思わぬ罠や見逃しがちなポイントを現役の損保事務員が紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

あなたの賢い保険の選択をサポートできれば幸いです。

住まいる共済の口コミを徹底解説

住まいる共済のデメリットに関するデメリットを紹介します。

補償範囲が狭い

住まいる共済の風水災害の保障について見ていきましょう!

画像出典:こくみん共済

どんなに風水害の損害が酷くても、上限300万円の共済金しかもらえません。

もしもの時の備えとしては、少し心もとないと感じる方も多いでしょう。

全労済の自然災害共済では地震で家が全壊した場合でも、相場は約20%、最大30%までしか保険金はおりません。

 

たとえば、2,000万円の20%であれば400万円しか保険金がもらえず、見舞金だけ住宅の再建は難しいといえます。

地震保険に関する補償を重視するなら、火災保険に加入する方がおすすめです。

たとえば、損保ジャパンでは「地震危険等上乗せ特約」があります。

通常の地震保険だと火災保険の保険金額の50%を限度として補償していますが、万が一住宅が全壊となった場合に補償が十分だといえないかもしれません。

画像出典:損保ジャパン

しかし「地震危険等上乗せ特約」に加入すると、地震保険金にプラスして最大で火災保険金額の100%まで補償を受けられます。

住宅用火災と比較して店舗火災ではあらゆるリスクが想定されます。

常時火を使う飲食店や繊維製品を扱う小売店の場合、火災のリスクが高いため保険料が高めに設定されがちです。

住まいる共済のメリットは?

住まいる共済のメリットも紹介します。

出費が抑えられる

住まいる共済の掛け金はとにかく安いのが魅力です。

手ごろな価格なため、家庭のお財布が痛みません!

とにかく出費を抑えたい方は、住まいる共済一択だと断言できます。

割戻金がある

たとえわずかでも自分の払った保険料が戻ってくるのは嬉しいですよね!

助け合いの精神に基づき公平に運営している共済だからこそのサービスといえます。

住まいる共済の補償内容を理解して家庭にピッタリの保険を見つけよう

住まいる共済に関する口コミからメリット・デメリットを紹介しました。

住まいる共済は保証範囲がシンプルな分、掛け金が損保会社よりも遥かに安く設定されているのが特徴です。

  • とにかく保険料を抑えたい
  • 保証は必要最低限で構わない

ぜひ、住まいる共済の加入を検討してみてください。

さおりん

教育業界から一転、2022年12月やり手女性社長の保険代理店に損保事務員として転職。
「実家暮らしだから、火災保険の存在すら知らない…!」
そんな損害保険とは無縁な女子が体当たりで得た⁉火災保険の知識を紹介します。
「火災保険って火災の被害にあった時しか使えないでしょ?」「どの保険会社も保険料や補償内容は同じでしょ?」と誤解されがちな火災保険のイメージを払拭したいと2023年10月に当ブログを開設。

さおりんをフォローする
保険会社
さおりんをフォローする
保険屋女子のほけん相談室

コメント

タイトルとURLをコピーしました