火災保険はいつ解約するのが正解?タイミングに要注意!

火災保険の基礎知識

火災保険の加入時期を見極めることは、不動産の売買や賃貸において重要です。

特に、売却時に解約する場合は注意が必要です。

マンションや不動産の売却時には、売買契約が成立した後や引渡し前に火災や自然災害による損害が生じた場合、「危険負担」という問題が発生します。

危険負担とは、売買契約締結後に物件が損害を受けた場合、その損害を誰が負担するかという問題です。
通常は民法に基づき買主が負担するが、取引慣行により売主負担になることもあります。

したがって、引渡し前に火災保険を解約してしまうと、売主が火災による損害を負担することになります。

マンションや不動産の売却は、引渡しの時期が確定するまで何が起こるか分かりません。

引き渡しまでの間に火災や大雨による被害を受けると、保険が適用できずに大きな損失を抱えてしまうリスクがあります。

火災保険を解約するタイミングは、引渡し後とすることが最も安全な選択肢です。

また、賃貸の場合も同様に、更新し忘れや不動産会社の仲介がない場合に注意が必要です。

手続きを忘れると、万が一の時にリスクが高まってしまいます。

引っ越した当時から加入しないと、本当にリスクだらけです。。。

いえ、リスクしかありません。

保険料を節約するために入る時期を偽ることは避け、物件の取引時に火災保険に加入しましょう。

火災保険は、万が一の災害時に私たちの日常生活を支援する重要な保険です。

賢明な判断と慎重な手続きを行うことで、不測の事態に備えることができますよ。

 

さおりん

教育業界から一転、2022年12月やり手女性社長の保険代理店に損保事務員として転職。
「実家暮らしだから、火災保険の存在すら知らない…!」
そんな損害保険とは無縁な女子が体当たりで得た⁉火災保険の知識を紹介します。
「火災保険って火災の被害にあった時しか使えないでしょ?」「どの保険会社も保険料や補償内容は同じでしょ?」と誤解されがちな火災保険のイメージを払拭したいと2023年10月に当ブログを開設。

さおりんをフォローする
ブログランキングに参加中です!この記事がイイと思ったら下のバナーをポチッとしてくださいね!
火災保険の基礎知識
さおりんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました